本文へスキップ

Yokohama Pharmaceutical Association

電話でのお問い合わせは045-761-7840

薬草探索健康ウォーキング横浜

目的 

  • 横浜市では、市民一人一人が主体的に健康づくりに取り組むことで、生活習慣病等を予防し、生き生きと健康的な市民を増やしていくことを目指しており、身近な薬草などの解説を聞きながら、運動で楽しく健康づくりのウォーキングを計画いたします。
  •     
  • 共催  (一社)横浜市薬剤師会・横浜市健康福祉局

事業内容

  • 実施期間 平成281113日(日)
    実施時間 午前930分から午後030
    予定コース 県立四季の森公園 (歩行距離合計約5キロ)
    集合場所 県立四季の森公園北口
    参加定員 50


  • 「よこはま健康スタイル 健康スタンプラリー」
    横浜市の健康づくり活動に参加された方にスタンプを押し、スタンプを3つ集めた方へ抽選で景品等をプレゼント。
    詳細については、ホームページをご覧ください。
    http://enjoy-walking.city.yokohama.lg.jp/stamprally/

    2016開催報告 
     平成28年11月13日(日)、快晴の中、(一社)横浜市薬剤師会・横浜市健康福祉局の共催で薬草探索健康ウォーキングを開催いたしました。
     
     



2015開催報告

  • 平成27年5月31日(日)、快晴の中、(一社)横浜市薬剤師会・横浜市健康福祉局・横浜薬科大学の共催で薬草探索健康ウォーキングを開催いたしました。

    公募で当選された横浜市民48名、スタッフ32名が参加し、湘南台駅東口から境川遊水地公園を通り、天王森泉公園から横浜薬科大学までの約10キロの道のりを、横浜市薬剤師会薬剤師の先生方が講師となり、薬用植物の解説を聞きながら楽しくウォーキングを行い、最後には、横浜薬科大学にてお弁当休憩後、タワー塔展望台や薬草園の見学を行いました。
     
    湘南台駅東口に集合     湘南台公園 説明 堀先生
     
    説明 熊谷先生
     
    説明 市川先生
     
     




    第1班のみなさん


    第2班のみなさん


    第3班のみなさん


    第4班のみなさん


    第5班のみなさん


    境川遊水地公園
    くわくわ森 天王森泉公園
     
     
    横浜薬科大学薬草園
    横浜薬科大学広場にて記念撮影

当日見られた主な薬草

 イチョウ
 

薬用部位:種子(銀杏(ぎんきょう)白果(はくか)(にん))

薬効等:咳止め、夜尿症

 クスノキ
 

薬用部位:材(樟脳(しょうのう))・材から得られる精油(樟脳油)

薬効等:局所刺激作用、防腐作用の物質を含む 血圧上昇作用あり

 ヤマモモ
薬用部位:樹皮((よう)梅皮(ばいひ))・果実((よう)(ばい))

薬効等:樹皮が循環器に作用する (タンニンを含む)

 コブシ
薬用部位:花蕾(辛夷(しんい))
薬効等:鼻炎の漢方処方に入っている(春先の蕾)

 

 クコ
薬用部位:果実(枸杞子(くこし))、葉(枸杞葉)、根皮(地骨皮)

薬効等:強壮剤 血糖値・血圧に影響

 ノイバラ
薬用部位:偽果((えい)(じつ))

薬効等:下剤

ヘクソカズラ
 
薬用部位:果実(鶏屎藤果(けいしとうか))・全草(鶏屎花)

薬効等:抗菌作用、利尿作用

ジャノヒゲ
 
薬用部位:根の膨大部(麦門(ばくもん)(どう))

薬効等:咳止め

スイカズラ
 
薬用部位:葉(忍冬(にんどう))、花蕾(金銀(きんぎん)())

薬効等:消化性潰瘍、解熱

 サネカズラ
薬用部位:果実(南五味子(なんごみし))

薬効等:整髪料に用いた 美男(びなん)(かずら)(別名)

 クズ
薬効部位:根((かっ)(こん))

薬効等:葛根湯の主薬

首・背中のこわばり

ドクダミ
 
薬効部位:花期の地上部(十薬・重薬)

薬効等:血管を丈夫にする・抗菌作用

写真提供: 熊谷 仁氏(健康ウォーキング小委員会)  
説明文: 市川 正美氏
(健康ウォーキング小委員会)

参考文献「新訂原色牧野和漢薬草大図鑑」北隆館発行 「南江堂薬用植物学」
 

 5月末頃に天王森公園でみられた植物 (横浜薬科大学 難波昭雄先生撮影)  

所在地

一般社団法人 横浜市薬剤師会

〒235-0007
横浜市磯子区西町14番11号
TEL.045-761-7840
FAX.04-754-3000