本文へスキップ

Yokohama Pharmaceutical Association

電話でのお問い合わせは045-761-7840

学校薬剤師の紹介

学校薬剤師ってなあに?

  • 非常勤特別職として学校に所属する薬剤師です。通常は薬局や薬店などで仕事をしていて、学校保健法で定められた定期的な環境衛生検査を行い、時には臨時の環境衛生検査を行なって、学校の環境を守る仕事を主にしている薬剤師です。学校で検診を行う医師や歯科医師のように、すべての学校に学校薬剤師が必置になっているのです。昭和33年に学校保健法が制定され、医師と学校薬剤師が学校に必置制となりました。
    現在では、日本全国の学校に設置されております。
    私たち学校薬剤師は児童・生徒の安全確保のために学校環境衛生の定期検査を行い、快適な学校環境づくりの活動を行っております。


学校薬剤師の主な任務


1.学校保健計画及び学校安全計画の立案に参与します。

2.飲料水、水泳プール、排水、給食、照明、空気、暖房、換気、騒音など学校・教室の環境衛生について検査します。

3.学校の環境衛生を維持・改善するために必要な指導や助言をします。

4.健康相談や保健指導に参画します。

5.保健室の医薬品や理科室の毒物・劇物など、薬品・用具の管理について指導及び助言をします

6.学校、地域社会において 「薬物乱用防止の活動」に協力します。

7.「薬の正しい使い方」について、指導・助言します。



所在地

一般社団法人 横浜市薬剤師会

〒235-0007
横浜市磯子区西町14番11号
TEL.045-761-7840
FAX.04-754-3000